MENU

THVP-2号投資事業有限責任組合の設立について

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(略称「THVP」)(本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役社長 吉村 洋)は、10月26日をもって、国立大学法人東北大学及び民間出資者からの出資約束をもとに、THVP-2号投資事業有限責任組合(以下「THVP-2号ファンド」)の設立及びファーストクロージングを行いました。今後、2021年末までを目途に追加の出資約束の拡充を目指していく予定です。 THVP-2号詳細はこちら »

i-DRTs株式会社への設立出資について

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役:吉村 洋)(以下「THVP」という。)は大きな社会的課題であるCOVID-19対策への貢献として、新型コロナ感染症治療薬開発を行うベンチャー企業であるi-DRTs株式会社(本社:宮城県仙台市)の設立に、THVPを無限責任組合員とするTHVP-1号投資有限事業責任組合から出資することを決定いたしました。 同社では、新型コロナ感染詳細はこちら »

サスメド株式会社への投資実行について

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:吉村 洋)を無限責任組合員とするTHVP-1号投資事業有限責任組合は、2020年9月30日にサスメド株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:上野 太郎)へ49.8百万円の投資を実行いたしました。本出資は、民間事業会社等と共同での実施となります。 ■サスメド株式会社の事業内容 同社は、医療用アプリやブロックチェーンの医療応詳細はこちら »

投資先の株式会社Piezo Studioが、消費電力において世界最小の新規圧電単結晶 (CTGS)発振器デバイスの開発に成功しました

THVP-1号投資事業有限責任組合の投資先の株式会社Piezo Studioが高エネルギー加速器研究機構(KEK)素粒子原子核研究所の宮原准教授らとの共同研究により、消費電力が世界最小の新規圧電単結晶 (CTGS)発振器デバイスの開発に成功しました。 株式会社 Piezo Studio http://www.piezostudio.co.jp/ プレスリリース http://www.piezost詳細はこちら »

Blue Practice株式会社への投資実行について

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役:吉村 洋)を無限責任組合員とするTHVP-1号投資事業有限責任組合は、2020年8月28日にBlue Practice株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 宏治)へ80百万円の投資を実行いたしました。 近年、カテーテル治療の件数増加に伴い、より有効な質の高いカテーテル治療トレーニングへのニーズが存在するものの、質的詳細はこちら »

サウンドウェーブイノベーション株式会社への投資実行について

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:吉村 洋)を無限責任組合員とするTHVP-1号投資事業有限責任組合は、2020年5月18日にサウンドウェーブイノベーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中辻 雅博)へ100百万円の投資を実行いたしました。 同社は、東北大学 下川宏明名誉教授(現国際医療福祉大学 副大学院長、医学部教授、大学院医学研究科教授)詳細はこちら »

インターンシップ修了発表会を開催しました

3月26日(木)、THVP本社において、令和元年度第2回目のTHVPインターンシップ成果発表会が開催され、当社の役職員が出席するなか、インターンシップに参加した東北大学大学院情報科学研究科/大城和可菜さんによる修了発表が行われました。     今回のインターンはおよそ2ヶ月にわたるプログラムで、ベンチャーキャピタル業務や事業創造の基礎知識を学ぶ座学から始まり、後半のワークでは実詳細はこちら »

株式会社エピグノへの投資実行について

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:吉村 洋)を無限責任組合員とするTHVP-1号投資事業有限責任組合は、2020年1月31日に株式会社エピグノ(本社:東京都港区、代表取締役社長:乾 文良)へ50百万円の投資を実行いたしました。本出資は、民間ベンチャーキャピタル等と共同での実施となります。 これまで、国内病院(特に公立)の手術室をうまくマネジメントする仕組み詳細はこちら »

五稜化薬株式会社への投資実行について

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:吉村洋)を無限責任組合員とするTHVP-1号投資事業有限責任組合は、2019年11月29日に五稜化薬株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:丸山健一)へ100百万円の投資を実行いたしました。本出資は、民間ベンチャーキャピタル等と共同での実施となります。 同社は、北海道大学の研究成果を活用して独自の蛍光色素群をラインナ詳細はこちら »