MENU

THVP-2号投資事業有限責任組合のファイナルクローズについて

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(以下「THVP」)(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:樋口哲郎)は、2020年10月26日に設立したTHVP-2号投資事業有限責任組合(以下「THVP-2号ファンド」)について、総額78億円でファイナルクローズしましたことをお知らせします。 THVP-2号ファンドは、THVP-1号ファンドで培ったノウハウを活用し、東北大学のみならず他の国立大学、特に東北地詳細はこちら »

株式会社レナサイエンスの東証マザーズへの新規上場について

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役長:樋口 哲郎、以下「THVP」)を無限責任組合員とする THVP-1 号投資事業有限責任組合(以下「THVP-1 号ファンド」)の投資先である株式会社レナサイエンス(以下「同社」)は本日、東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場しました。 当社投資先では、東北大学教員が設立したベンチャー企業の上場は、同社が初となります。同社詳細はこちら »

代表取締役社長の交代について

8月31日付で代表取締役社長 吉村 洋が退任し、9月1日付で樋口 哲郎が代表取締役社長に就任しました。 今後とも、東北大学ベンチャーパートナーズに変わらぬご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

南相馬市とベンチャー支援に関して連携協定を締結しました

令和3年6月30日、南相馬市市民情報交流センターに於いて、東北大学ベンチャーパートナーズ(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:𠮷村 洋、以下「THVP」)と南相馬市はベンチャー企業等の支援を目的として連携協定を締結しました。 南相馬市は国の復興プロジェクトである「福島イノベーション・コースト構想」の下、ロボット関連のスタートアップ企業が拠点として研究開発や実証に取り組みやすいまちづくりを進めており詳細はこちら »

株式会社エピグノがエムスリーグループから資金調達を実施

THVP-1号投資事業有限責任組合(「THVP-1号ファンド」)投資先企業である株式会社エピグノが エムスリーグループから資金調達を実施しました。   株式会社エピグノ プレスリリース 「医療・介護人材マネジメントソリューションを提供するエピグノが、エムスリーグループから2億5000万円の資金調達を実施」 医療・介護人材マネジメントソリューションを提供するエピグノが、 エムスリーグループ詳細はこちら »

株式会社レボルカへの投資実行について

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:吉村 洋)を無限責任組合員とするTHVP-2号投資事業有限責任組合は、2021年6月23日に株式会社レボルカ(本社:東京都中央区、代表取締役:片岡 之郎)へ投資を実行いたしました。 同社は、医薬品を含むバイオ製品の開発、共同研究等の事業を行うベンチャー企業として設立されました。東北大学工学研究科 梅津 光央教授が構築した基詳細はこちら »

株式会社ispaceがJAXAと「超小型ロボットシステムの月面輸送・運用・データ取得」契約を締結

THVP-1号投資事業有限責任組合(「THVP-1号ファンド」)投資先企業の株式会社 ispaceが、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)と「超小型ロボットシステムの月面輸送・運用・データ取得」契約を締結しました。   詳細はこちら  株式会社ispace ウェブサイト https://ispace-inc.com/jpn/news/?p=1903

株式会社ティムスが開発する脳梗塞治療薬「TMS-007」を米国バイオジェン社が取得

THVP-1号投資事業有限責任組合(「THVP-1号ファンド」)投資先企業の株式会社ティムス(以下「同社」)は、同社開発品である脳梗塞治療薬「TMS-007」(以下「同剤」)を、米国バイオジェン社(以下「バイオジェン」)がオプション権を行使し、取得することをバイオジェンと共同で発表しました。 「TMS-007」は、東京農工大学の蓮見惠司教授の研究により創製され、同社及び東北大学等の研究グループとの詳細はこちら »

THVP-2号投資事業有限責任組合のサードクローズについて

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役社長:𠮷村 洋、以下「THVP」)は、本日2021年4月30日にTHVP-2号投資事業有限責任組合(以下、「THVP-2号ファンド」)のサードクローズを行いました。今後、更に今年秋頃を目途に総額80億円規模の出資約束金額を目指し最終クロージングを予定しています。 THVP-2号ファンドは、投資対象を東北大学のみならず東北6詳細はこちら »