MENU

リンクウィズ株式会社

ロボットの動きを自律的に補正するソフトウェアにより製造現場の生産性向上に貢献するプロセスイノベーションベンチャー。強みである三次元点群データ処理技術の機能強化を目的とした東北大学との共同研究を通じて、一層の競争優位性の獲得を目指す。

株式会社メトセラ

既存治療による効果が不十分な慢性疾患に対して、線維芽細胞及び幹細胞を用いた新たな治療法を提供することを目指す再生医療ベンチャー。自社開発の線維芽細胞と筑波大学において開発した投与用の新規カテーテルを組み合わせた心不全向け再生医療等製品MTC001の開発を行っている。

株式会社ElevationSpace

東北大学大学院工学研究科 吉田・桒原研究室でこれまで開発してきた数多くの小型人工衛星の知見を活かし、人工衛星内で実験や製造等を行うことのできる小型宇宙利用・回収プラットフォーム ELS-Rの開発を推進している。

株式会社レボルカ

東北大学工学研究科 梅津 光央教授が構築した基盤技術(進化工学と機械学習の組み合わせによるライブラリーデザインサイクル)を用いて、高効率なタンパク質設計事業(共同研究開発)を製薬企業とともに展開し、将来的に世界の人々の健康福祉に向上していく。

株式会社Epigeneron

弘前大学大学院医学研究科の藤井穂高教授らの研究成果を活用したバイオ系ベンチャー企業。新しい創薬支援技術を製薬企業へ提供する「ゲノム機能調節薬事業(創薬関連事業)」と、ゲノム配列分析による試薬の設計・販売において、画期的なコスト競争力を有する「ゲノム解析事業(分析関連事業)」の2つの事業を展開している。これまでにない創薬ターゲットの提供等を通じて、医療への貢献を目指している。

株式会社ALE

世界初の人工流れ星を実現し、多くの人にエンターテインメントとして提供すると同時に、大気のデータを取得し、地球の気候変動のメカニズム解明に寄与することで人類の持続的発展への貢献を志す。並行して進める宇宙デブリ対策事業では持続可能な宇宙開発に貢献し、事業を通じた社会的課題解決を目指す。

株式会社ハプロファーマ

基盤技術であるEG法を用いた新規バイオマーカー探索技術の開発・提供をおこなうベンチャー企業で、保有するゲノム解析技術を応用し、ゲノム情報や遺伝子情報に基づいた技術開発を行う。