MENU

i-DRTs株式会社への設立出資について

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役:吉村 洋)(以下「THVP」という。)は大きな社会的課題であるCOVID-19対策への貢献として、新型コロナ感染症治療薬開発を行うベンチャー企業であるi-DRTs株式会社(本社:宮城県仙台市)の設立に、THVPを無限責任組合員とするTHVP-1号投資有限事業責任組合から出資することを決定いたしました。

同社では、新型コロナ感染症の治療薬として効果が期待できる化合物を東北大学オープンイノベーション戦略機構の支援の下、東北大学医学部、東北大学病院、東北大学災害科学国際研究所、並びに東北大学大学院薬学研究科、医薬品開発研究センターから成るプロジェクトチームが中心となって、ドラッグリポジショニング*によってCOVID-19治療薬として開発するとしており、THVPはアクセラレーター的に支援し、創薬開発の環境を整備して事業展開を促進することとしています。

世界的な流行を見せているCOVID-19は未だ決定的な治療薬が存在しない現状であり、東北大学の総力を挙げたCOVID-19治療薬開発の取り組みを支援し、大きな社会的課題解決に寄与することとしています。

*ドラッグリポジショニング

既存のある疾患に有効な治療薬から、別の疾患に有効な薬効を見つけ出すこと

 

 

(本件お問い合わせ先)

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社

https://thvp.co.jp/contact/

 

 

 

 

 

 一覧にもどる