MENU

ファイトケム・プロダクツ株式会社への投資実行について

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:吉村洋)を無限責任組合員とするTHVP-1号投資事業有限責任組合は、2019年9月9日にファイトケム・プロダクツ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:加藤牧子)へ100百万円の投資を実行いたしました。

同社は、東北大学大学院工学研究科 北川尚美教授の研究成果であるイオン交換樹脂を用いたフロー型反応分離システムの社会実装を目的として、2018年6月に設立された東北大学発ベンチャー企業です。

米油の製造工程で発生する未利用油中には、高い抗酸化作用を持つ機能性成分として高い注目を集めているトコトリエノールが含まれていますが、分子蒸留法などの従来技術では効率的な分離回収を行うことが困難なために、十分に活用されてきませんでした。

北川教授は未利用油をイオン交換樹脂の入ったカラムを通過させるだけの簡便な方法により、トコトリエノールを効率的に分離回収すると同時に他の成分をバイオ燃料や機能性素材に変換できる反応分離技術を確立し、量産化に向けた装置のスケールアップおよび自動化設備の開発を進めてきました。また、事業化に向けては、東北大学が大学の研究成果の事業化支援として実施するBIP(ビジネス・インキュベーション・プログラム)フェーズ1の支援を経て、同社の設立へと至りました。

同社は、今後ステロールやスクアレンなどトコトリエノール以外の植物由来の機能性成分の分離回収およびバイオ燃料や機能性素材となる非水溶性エステルの製造技術の開発を進め、将来的には東北地域へ大規模製造工場を設置し、東北地域の雇用の創出ならびに未利用資源の高付加価値化を通じて社会へ貢献するとともに、東北大学発の革新的な分離・回収プロセスを世界に向けて展開して参ります。

以上

 一覧にもどる