MENU

投資方針

  • 東北大学の研究成果を活用し事業を立ち上げようとするシードからの支援・及び投資を行い、民間資金が入りにくい段階からの積極的な支援を実施します
  • 特にリスクの大きいスタートアップ・アーリー段階のステージへの投資に重点をおき、強靭なミドル・レイター案件に導くことにより、民間資金の「呼び水」となることをねらいとしています。
  • 成長段階において、民間ベンチャーキャピタル等と積極的に協調し、十分な成長資金を供給することにより事業の潜在的成長力を100%引き出し高い社会価値を創出する企業への成長を促します。

THVPによる支援内容

  • 当社は、研究成果の事業化を通じて新しいイノベーションを起動することを目的としております。その目的のために、資金面だけではなく経営面での支援も行う「ハンズオン投資」を行います。
  • 当社は、起業家(創業者)、経営陣、研究者と意見交換を重ね、知的財産戦略、ビジネスモデル、事業計画、人材計画、資金調達計画など、「ヒト・モノ・カネ」を総合的に考えた支援を行い、起業家、経営陣とともに事業化成功を目指します。

東北大学との連携・民間VC等との役割分担

成長ステージに応じたTHVPの支援

発掘・創業支援

  • 事業計画策定支援
  • 市場性検証支援
  • 創業メンバー確保(人材会社紹介等)
  • 知財確保支援

起業・事業化支援

  • 株式・新株予約権等への出資による事業資金の提供
  • 事業を営む上での追加資金や様々な支援を通して企業成長を後押し

ハンズオン支援モニタリング

  • 経営全般に係る支援取締役or監査役派遣(オブザーバ派遣含)
  • 販路拡大支援
  • 資金繰り支援
  • 経営人材の紹介

EXIT(売却最終検討・意思決定)

  • M&A先の模索、IPOに向けた対応等支援

支援及び出資のご相談は随時受け付けています。
新会社設立(事業開始)段階に至らない案件の場合は、
東北大学の事業化推進担当部署にご相談頂いても、直接当社にご相談いただいても構いません。
すでに会社設立準備が整っているもしくは、すでに株式会社として事業を行っている場合で、
出資をご希望の方は直接当社へご相談ください。