MENU

株式会社RTi-castの「リアルタイム津波浸水被害予測システムの開発と運用」が、第1回日本オープンイノベーション大賞「総務大臣賞」を受賞しました。

THVP-1号投資事業有限責任組合の投資先である株式会社RTi-cast(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:村嶋陽一。会社HP:https://www.rti-cast.co.jp/。)の「リアルタイム津波浸水被害予測システムの開発と運用」が、2月5日に発表された第1回日本オープンイノベーション大賞において「総務大臣賞」を受賞いたしました。

日本オープンイノベーション大賞は、我が国のオープンイノベーションの推進を目的に、今後のロールモデルとして期待される先導性や独創性の高い取組を表彰するもので、2017 年度まで開催してきた「産学官連携功労者表彰」の継続表彰として、2018 年度より開始されたものです。

詳しくは、以下のリンク先の同社HPのニュースリリース、内閣府HPのニュースリリース、及び東北大学HPニュースリリースをご参照ください。

 一覧にもどる