MENU

東北大学ベンチャーパートナーズ(株)は、東北大学の研究成果に基づく優れた技術を活用し、事業化を目指すベンチャー企業に対し、投資及び事業支援・育成を行い、新産業を創出することで、3.11東日本大震災後の地域振興と地域経済の活性化に資することを理念とし、東北大学100%出資の子会社(文部科学省及び経済産業省の認定事業)として、2015年2月23日に設立されました。

東北大学は1907年の建学以来、「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、及び「実学尊重」の精神のもと、多く研究成果を挙げ、産学連携の成果を世に送り出してきました。今後大きく変わろうとしている世界に、「社会との共創」とのキャッチフレーズの下、東北大学の知のベース・研究成果の社会実装化を図り、イノベーションを興し、より豊かな社会を切り開く志の高い企業・経営者に対して、弊社は積極的にご支援させていただきます。

私達は社会のイノベーションを起こしうる事業に対し、構想段階から関与させていただき、ESG[環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)]に配慮しつつ、投資先の企業価値を高め、新事業の創造にコミットし、共に未来を切り開くという弊社のミッションを遂行していく覚悟で、SDGs(持続可能な開発目標)を志向する「責任投資原則(PRI)」を尊重し、社員一同、一丸となって取り組んで参ります。

皆様におかれましては、今後共ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社
代表取締役社長 𠮷村 洋