支援内容

THVPによる支援内容

当社は、研究成果の事業化を通じて新しいイノベーションを起動することを目的としております。
その目的のために、資金面だけでなく経営面での支援も行う「ハンズオン投資」を行います。

当社は、起業家(創業者)、経営陣、研究者と意見交換を重ね、
知的財産戦略、ビジネスモデル、事業計画、人材計画、資金調達計画など、「ヒト・モノ・カネ」を
総合的に考えた支援を行い、起業家、経営陣とともに事業化成功を目指します。

  • 大学からのサポート

    当社の投資対象は、「試作品(プロトタイプ)」を作成した段階からです。そのため、まだ研究開発段階の場合は、東北大学のBIP(Business Incubation Program)等での支援をご検討ください。BIPは、東北大学事業イノベーション本部が担当しており、研究成果の事業化のために、資金面だけでなく事業化に至る方向性についてもアドバイスを行っています。

    東北大学産学連携機構 http://www.rpip.tohoku.ac.jp/access/index.html

  • THVPの投資

    優れた研究成果の事業化のため、資金面を中心とした支援を行います。出資にあたっては、創業者、経営陣が事業化にあたってのコミットメントとして、資金力に応じた出資も勘案した資本政策の提案を行います。

  • THVPの支援

    当社は、資金面だけでなく、様々な経営面での支援を行います。原則として、当社から取締役もしくは監査役を派遣して、取締役会等を通じて経営面の意思決定や事業の方向性に関しての意見を行います。

    業務提携、資本提携などに関しては、当社の幅広い組合出資者ネットワークを活用して、投資先の事業展開に相応しい企業の紹介を行うことも可能です。また、人材面での強化に当たっては、当社と取引のある人材紹介会社などを紹介することも可能です。

  • 審査

    当社は、投資の可否に関わらず、当社で検討した結果、明らかになった課題について、起業家や研究者の方々にお伝えします。このフィードバックによって、様々な観点から事業化の成功の可能性が高まることが期待できます。

  • EXIT

    EXIT(投資の出口)として、投資先会社にとって相応しいEXIT戦略の策定を行います。株式公開に向けた支援や株式公開に当たっての専門機関の紹介なども行います。また、M&Aに関しても資本提携先の検討などを、投資先経営陣とともに行います。


支援の特徴

東北大学の研究成果を活用し事業を立ち上げようとするシードからの支援・及び投資を行い、
民間資金が入りにくい段階からの積極的な支援を実施します。

また成長段階において、民間ベンチャー・キャピタル等と積極的に協調し、
十分な成長資金を供給することにより事業の潜在的成長力を100%引き出し高い社会価値を創出する企業への成長を促します。

支援及び出資のご相談は随時受け付けています。
新会社設立(事業開始)段階に至らない案件の場合は、
東北大学の事業化推進担当部署にご相談頂いても、直接当社にご相談いただいても構いません。
すでに会社設立準備が整っているもしくは、すでに株式会社として事業を行っている場合で、
出資をご希望の方は直接当社へご相談ください。 お問合せフォームへ