NEWS

株式会社パンソリューションテクノロジーズへの投資実行について

2017年10月26日

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役:樋口哲郎)を無限責任組合員とするTHVP-1号投資事業有限責任組合は、平成29年10月20日に株式会社パンソリューションテクノロジーズ(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長 松島悟)への123.5百万円の投資を実行致しました。

株式会社パンソリューションテクノロジーズは、東北大学金属材料研究所(金研)藩伍根博士等の研究成果を、東北大学のビジネスインキュベーションプログラムを経て事業化したベンチャー企業です。
同社は、太陽電池の材料となるシリコン結晶基盤の品質を瞬時に測定することができる新たな評価手法「HS-CMR法」を用いた測定装置の製造・販売を行い、太陽電池製造業界において深刻な問題となっている品質のばらつきや生産効率を改善し、太陽電池製造の高効率化・低コスト化・高品質化を目指します。

新興国での太陽電池利用の大幅拡大が見込まれるなか、太陽電池用Siウエハの品質を正しく測定することにより、自然再生エネルギー産業の健全性と将来性を担保し、大規模なインフラ整備を必要としない独立型電源方式の普及が期待されています。